オール電化を知っておこう

オール電化を知っておこう

「オール電化」とは、生活に必要なエネルギーを電気でまかなう住宅環境のことを指します。台所や給湯の熱源をガスから、電気へ転換することで、便利になったり、コストダウンを図ることができます。

 

エコロジー意識の高まりや、昨今の住宅事情から、オール電化への注目は高まっています。特に新築住宅、あるいはリフォームの際に、「オール電化」へ以降する意識の高まりとともに、施工業者のアピールポイントにもなってきています。

 

オール電化の良いところ

オール電化は、生活環境を向上させるアイテムであると評判です。
オール電化とは、一体どういうものなのでしょうか?

 

いろいろ気になりますね。

 

オール電化にするための費用、ランニングコストはどうなっているのでしょうか?

 

オール電化とは、火を使わない暮らしのことですね。
プロパンガスは高価であるとか、ガスの基本料金を支払わなくて良いから、オール電化が経済的に有利だとか、オール電化についての情報が耳に入ってきます。

 

高価なガス、安価な電力との比較で、オール電化の経済性が理解できます。
オール電化にすることで、割引されたり、料金が格安になる夜間電力を利用可能であったりと、オール電化を導入することのメリットはたくさんあります。

 

・便利な反面、デメリットもあることを知っていますか?
・ガス給湯器に比べ、貯湯器は大きいので、設置スペースを考慮しなければなりせん。

・火を使わない安心感
・オール電化が経済的に有利だということを理解できたでしょうか?

・新築住宅は、オール電化をうたい文句にした住宅販売が増えてきています。導入費用も建築費用に含まれ、ランニングコストを考えるとオール電化住宅を選択した方が有利となるでしょう。